2020-08-29更新
八王子日本閣のブログをご覧いただきまして

ありがとうございます
本日はウェディングプランナーより

「縁起物」について

ご紹介させていただきます。


結婚式にお越しいただいたゲストの方へお渡しする

引出物、引菓子と3品目として

「縁起物」をお渡しする方が多いようです。

「縁起物」は大切なゲストの方に

「良いことがありますように」という

願いが込められています。

そして「縁起物」にはそれぞれ意味があります。


「縁起物」に込められた意味を

少しご紹介させていただきます。


1.かつおぶし

鰹節には鰹の背側の身を使って作る

「雄節(おぶし)」と、

腹側の身を使って作る「雌節(めぶし)」があります。

その「雄節」と「雌節」が一対になり

ぴったり合わさる形になっていることから

「鰹夫婦節(かつおぶし)」という語呂合わせもあり、

夫婦円満の意味があるそうです。


2.昆布

昆布は「よろこんぶ(喜ぶ)」という語呂合わせもあり

縁起がいいとされる贈り物です。

他にも子宝に恵まれることを祈って

「子生婦(こんぶ)」と書くこともあります。

また昆布は「広布(ひろめ)」と呼ばれていることから

二人を「お披露目」する場である結婚式に

ぴったりの縁起物です。


3.梅干し

梅干しはいろいろな意味での

縁起がいいとされています。

梅干しのシワが寄った見た目から

「シワが寄るまで元気に過ごせますように」

という長寿の願いが込められているようです。

また、梅は寒さも厳しいうちから

花を咲かせる姿から

「気高さ」や「高潔」の象徴として

縁起のいい木とされていて、

その実で作る梅干しも

縁起のいい食べ物とされています。
 
5.鯛

鯛は「おめでたい」という語呂合わせで

昔から縁起のいい食べ物とされています。

少し前までは、尾頭付きの鯛の塩焼きを

縁起物として持ち帰っていました。

最近ではお湯を注げば食べられる鯛茶漬けや、

鯛の形をしたお菓子なども縁起物として人気です。


5赤飯

「おめでたい席ではお赤飯」という風習は

日本人ならなじみ深いですよね。

赤い色には災いを避ける力があるとされており、

赤い色のついた赤飯には魔よけの意味もあるそうです。

そしてお祝い事で食べる赤飯の上に

のっていることが多いのが「南天」の葉。

これは「なんてん」を「難が転じる」という

意味に重ねてのせているのだそうです。



意味を知ると引出物選びも

楽しくなりそうですね。

 

ロイヤルガーデンパレス八王子日本閣 
 【フェア予約はこちら】   

【結婚式】 
 *家族の絆を感じる教会式 
 *縁結びの神様 出雲大社 御殿山神殿 
 *解放感溢れる ガーデンチャペル  
東京都 八王子でご結婚式場をお探しの方は是非、  
ブライダルフェアにお越し下さいませ。   
写真婚(フォトウエディング)も承っております。   

【宴会、会議】  
八王子・立川・町田エリアで宴会場をお探しの方   
新年会・歓送迎会・謝恩会・同窓会 忘年会・二次会を 
大人数から少人数まで承ります。  
七五三祝・成人式祝・長寿祝など  
家族のお祝いもご利用頂いております。   

【レストラン】  
誕生日・記念日のお祝いランチを  
お考えなら是非一度お越し下さいませ。

 


新着情報

〒192-0375 東京都八王子市鑓水530-2 
TEL:042-676-4122
営業時間 平日 10:00~18:00・
土日祝 10:00~19:00
(月曜・火曜定休 *祝日の場合は営業)

Copyright© 八王子日本閣 結婚式場 All Rights Reserved.